エクセルの設定でVBAマクロを有効にする方法【図解でわかりやすく説明します】

2021年5月2日

「エクセルでマクロを始めようとしているが、どうしてよいかわからない」
「エクセルでマクロを使おうと思ったが、マクロの有効化の手順がわからない」
「そもそもマクロの有効化ってなに?」

こういった方に、マクロの有効化の方法を図解で解説します。

VBAマクロの有効化とは

エクセルの初期設定では、マクロの利用ができない状態になっており、マクロを利用する為には
必ずマクロを有効にする必要があります。

この設定は、1度行えば何度も設定する必要はありません。
簡単に設定ができますので、下記の手順から実際にやってみましょう。

VBAマクロの有効化の方法

【1】エクセルを起動し左上の「ファイル」をクリックします。

【1】エクセルを起動し左上の「ファイル」をクリックします。

【2】左のメニューバーの一番下の「オプション」をクリックします。

左のメニューバーの一番下の「オプション」をクリックします。

【3】出てきたウィンドウ 左のメニューの「セキュリティセンター」をクリックします。
   続いて、中央右の「セキュリティ センターの設定」をクリックします。

【4】でてきたウィンドウの左のメニュー「マクロの設定」をクリックします。
   続いて、マクロの設定で「警告表示しすべてのマクロを無効にする」にチェックをします。
   続いて、ウィンドウ右下の「OK」ボタンをクリックします。

【5】ウィンドウ右下の「OK」ボタンをクリックします。
   これで設定は完了です。

VBAマクロの有効化手順まとめ

ファイル > オプション > セキュリィセンター > マクロの設定 > 「警告表示しすべてのマクロを無効にする」にチェック > OK > OK

セキュリティ警告について

これで、マクロの有効化の設定が完了しました。上記の設定が完了すると、マクロ機能がついたエクセルファイルを開くと下記の様なメッセージが表示されるようになります。

セキュリティの警告 マクロが無効にされました。

その際、セキュリティ警告メッセージ 右横の「コンテンツの有効化」をクリックすることで
マクロの利用が可能になります。

以上がマクロの有効化の手順となります。

不明な点がございましたら、コメント欄にお願いいたします。